2009年1月8日

杉山賞 授賞式

今日は、ブログでご報告させて頂いた式典が
天満の東天紅にて行われました。

杉山会、KO服装研究会、ニューガーメントクラブの
紳士服三団体による盛大かつ、厳粛な新年における式典でした。

慣れない式典で、表彰式では柄にもなく
手に汗を掻きました。

表彰の壇上で川淵先生より杉山賞の表彰状と記念品を賜り、
その後、敦賀の吉田さんの父上に続いての謝辞で
何とか、頭が真っ白になりそうなのをこらえ
短いスピーチをさせていただきました。

杉山会会長で、司会進行して下さった岡本先生の御説明では
杉山賞の設置から45年の間に、昨年まで90名の先達がおられ、
これまで名人の梶岡先生をはじめ、
僕が学生時代に接して下さった多くの先生方の顔が浮かんで来ました。

昨日も書きましたが
吉田さんの父上のスピーチでは、僕の事まで取り上げて下さるなど
本当にいろんな場面で良くしていただいて、感謝しています。

僕は、自分で考えたスピーチをするが精一杯でした。

、、緊張の式典後、乾杯に続き、宴席となり
今日の出席者、全員の皆さんにご挨拶に回りました。

同テーブルには業界重鎮の青木先生、川淵先生をはじめ
大阪の尾井理事長に杉山会の杉山先生に、OTC会長の鈴木先生、
神戸のもの作り大学でお世話になっている佐伯先生、、
皆さん、父の代からお世話になっている先生方ばかりです。
温かく見守って下さり、心からお祝いの言葉を賜るので
もう、たまりません!

これまでも業界行事で
共に活動を続けてきている酒井さんは、杉山賞においては先輩で、
宴席に参加している若手のメンバーと大いに祝ってくれました。
本当に有難い限りです。

本当に多くの皆様に祝っていただき、席に戻ると
技能士協会の原田会長が来られ、やはり後継者の事で
色々考えられている事があり、少しの間ですが話しもさせて頂き、
これからの業界において、様々な課題と目標を掲げ
前進していく事が何よりも大切なことも感じました。

画像は左から吉田さんの父上、熊谷賞受賞の木村先生、小生です。

この記事へのコメント
御礼
柳瀬さん、ありがとうございます。

まだまだ微力ですが
これからもよろしくお願いします。
hiraiwa 2009-01-10 10:54:58
心からお祝いを、、
平岩さん、おめでとうございます!
これからも益々のご活躍を期待しております!
masseattura 2009-01-10 00:21:28

2009年1月7日

杉山賞

昨日のブログで触れた、明日の業界行事は
紳士服技術者三団体共催の「平成21年度 新年互例会」及び、
「熊谷賞」と「杉山賞」の授賞式が行われます。

上記の2賞は、業界でも歴史が長く
戦後の国内の紳士服業界を支えてこられた
多くの先達方が受賞されています。

2賞は今年で熊谷賞は23回、杉山賞は45回を数えます。
そして、実はこのたび、杉山賞を受賞することになりました。
これもひとえに長年に渡り、弊店を支えていただいたお客様や
仕事に携わって頂いた職人さん、そして家族。
多くの皆様の支えと力添えがあってこその受賞です。
本当にありがとうございます。

振り返ってみれば、仕事について
僕は学生時代より、父以外の人にほとんど学んだことがなく、
業界団体の中でも有数の杉山会や他の業界団体にも属さず、
ビスポーク・ファッションショー以外、ほとんど参加していませんでした。

20歳代前半の時に一度、KO服装研究会で作品をノミネートして頂き
デザイン部門で表彰して頂いた事があるくらいで
オーダー業界にいながら、個人的な活動を続けて来ました。

また今回はいつもお世話になっている
敦賀のテーラー吉田さんの父上と同席させて頂く事となり光栄です。

吉田さんの父上とは、彼が家業に戻る以前より存じ上げ
業界行事においても、慣れない僕を、いつも気遣い助けて下さいました。

この受賞で奢ることなく精進して参りたいと思います。

 
ホームページ制作はオールインターネット