2019年4月13日

リフォーム

約25年前にオーダー頂いたシルクデニムのレディースジャケット。
当時は肩幅も広く、ゆったりとしたデザインに仕上げていたので、
肩幅と身幅を、バランスよく調製させて頂きました。
今では少なくなったシルクデニムは丈夫で痛みもなく、
リメイクで永くご着用頂けると思います。

2018年10月23日

モーニングコート・リメイク

モーニングコートからのリメイクは、
デザインや仕立て内容に制限がある事をご了承頂いた上で、
リメイクを受けさせて頂きました。
一度、出来上がっている服を解く事は、
一から作るより繊細で入念な作業を求められます。
お預かりさせて頂いた時点で、絹裏地は経年の劣化で手で簡単に裂ける状態で、
服地そのものの取り扱いも慎重になります。
すべての工程に通常以上に入念な手作業が不可欠な仕事ゆえに
時間も十分に頂戴いたしました。
縫い終えてから細かい部分の掛け継ぎとクリーニングをさせて頂き、
納品させて頂きました。

古い洋服のリメイク作業ですが、服地は作り直せば十分にご着用頂けます。
お客様も初めてご来店頂いた際に「古いものほど良いのです。」とのお言葉に
大切にされてきた洋服に対するお気持ちを頂き、拙い仕事ではありますが、
気を抜くことなく入念に作業をさせて頂き、様々なことを学ばせて頂きました。

2018年9月26日

リフォーム・仕上げプレス

弊店の北店で長年、オーダー頂いてきたお客様の
ご家族の方からご連絡を頂き、
お客様から譲られたスーツのサイズ直しで、
数着お預かりさせて頂いた中で、1着目の仕上がりです。

最初に九州から送って頂いた時は、
一定期間、洋服箱に収納されていたので、平面的な状態でしたが
サイズ調整後、仕上げプレスを施すと、立体感を取り戻しました。

シルエットを固めるため、一晩、置いて、
プレスが乾ききってから、梱包し、
九州に送らせて頂きます。

2018年7月11日

リメイク〜仮縫い

採寸させて頂いた寸法から型紙を作製し、
モーニングを解いたパーツから、型を切り出し、
お客様のご要望のジャケットの仮縫いを作製しました。

2018年7月4日

リメイク〜前身調製・1

モーニングの前を解いて、芯地がむき出しになりました。
生地と芯地などの裏側を確認し、作業の準備を進めます。

ホームページ制作はオールインターネット